top of page

⚽関西リーグ1部第14週(vs飛鳥FC)の結果

更新日:2023年9月20日

アルテリーヴォ 1─0 飛鳥FC

    (前半 0─0)

    (後半 1─0)


○得点

後半38分 山田(アシスト関)


○警告

前半30分 山田


〇交代

ハーフタイム 田口→山内

ハーフタイム 音田→関

後半14分 山瀬→堀野

後半24分 北野→清本

後半46分 竜田→馬場


〇スタメン

GK 1吉崎

DF 3大橋 4山田 13𠮷谷 23小久保

MF 8加藤 10田口 18竜田 20山瀬 24音田

FW 11北野


〇サブ

GK 41池上

DF 5二木

MF 7堀野 14清本 17関 26馬場

FW 9山内


 4月に開幕した関西リーグもこの試合が最終戦。アウェーで飛鳥FCと対戦です。

 前半はなかなかリズムをつかめないながらもの、相手にもゴールを許さず、0対0で折り返します。後半から関と山内を投入するとペースをつかみ、攻撃に厚みを持たせると、後半38分に決勝点が生まれます。左コーナーキック、関がゴール前に送ったボールに頭で合わせたのは山田!

 公式記録によると、この日の会場は気温39度…。彼岸が近づく9月半ばとは思えないほどの日差しの下、最後まで絶えることのない声援ありがとうございました。おかげさまですでに決めていた2連覇に完封勝利で花を添えることができました。リーグ戦14試合で得た自信を胸に、11月の全国地域チャンピオンズリーグに向けて、10月の国体と全国社会人サッカー選手権で積み上げていきます。

得意のヘッドで決勝点、山田大地選手

「最終節もたくさんの応援ありがとうございました! リーグの最後にサポーターの方々と勝利を一緒に喜べて最高でした。前半は自分のミスもあり、危ない場面が多々ありましたが、その中でも失点しなかったことが大きかったと思います。リーグ戦を通して最少失点で終えられたことはポジティブに捉えていいことだと思いますし、今後も継続していかなければならないことです。DF陣は特にですが、これからも無失点にこだわってやっていきます。得点に関しては知哉(=関)のキックの質が高かったのが全てです! いいボールを蹴ってくれて感謝しています!! これから10月、11月と大事な試合が続きます。日程もハードですし、個人もチームもメンタル、身体共にギアを上げなければいけません。勝っていくために練習から声を掛け合い、強度を上げる、意思をチームで統一していく作業をしていかなければなりません。チーム全員で声を掛け合い、支え合いながら取り組んでいきたいと思います。去年の悔しい思いを忘れずに、これからの国体、全社、地決に挑みます。サポーターの方々も一緒に闘いましょう!!!」


ファインセーブ連発でゴールに鍵を掛けた吉崎弘宣選手

「優勝が決まっている中での関西社会人リーグ最終戦、個人的には今年、リーグ戦初先発で、気持ちが入る絶対に負けられない試合でした! チームとして、全国大会を見越して勝ち癖をつける! 公式戦で負けない、勝ち切る事が出来て、チームの成長を感じました! 前半は、自分たちのミスから何度か危ない場面がありましたが、最後の所で我慢して無失点で折り返えしました。後半は、アルテリーヴォがボールを握ってブロックを作る相手に対して、チャンスをつくる事ができ、押し込んだ展開からコーナーキックからの得点! 先週の試合はセットプレーでやられていたので、この試合、セットプレーで点を取れた事は収穫だと思います! 最後まで気持ちと声を切らさずにチーム一丸で守り抜き、1対0で勝利する事が出来ました! これから、国体、全社、地域CLと連戦が続きますが、もう一つ二つギアを上げてチームを仕上げて、目標であるJFL昇格を掴み取ります! 引き続き、応援宜しくお願いします!」


中盤で体を張った加藤健人選手

「最終節も熱い応援ありがとうございました! リーグ戦2連覇することができ、地決の挑戦権を得ることが出来ました! 個人としてもチームとしても去年の悔しい気持ちをしっかり晴らしたいと思ってます。残り2ヶ月、国体、全社と全国の舞台で結果を残し、パワーアップして地決に臨みたいと思います! またサポーターのみなさん一緒に戦ってください! 一緒にJFLへ行きましょう!!」






Commentaires


bottom of page