全国社会人サッカー選手権Bブロック1回戦(vs Donjuan)の結果

更新日:8月7日


アルテリーヴォ 7-0 Donjuan

    (前半 3-0)

    (後半 4-0)


◯得点

前半17分 宇都木

前半31分 堀野(アシスト大北)

前半41分 加藤

後半1分 堀野

後半7分 髙橋(アシスト奥津)

後半10分 中西(アシスト加藤)

後半38分 中西


◯交代

ハーフタイム 松尾→奥津

ハーフタイム 大北→中西

後半18分 山田→篠原

後半32分 髙橋→門司

後半32分 加藤→上原


◯スタメン

GK 1吉崎

DF 2ペク 3大橋 23小久保 25山田

MF 6松尾 7大北 8加藤 15髙橋 22宇都木 26堀野


◯サブ

GK 41早川

DF 4奥津 11門司 13𠮷谷 17篠原

FW 14中西 24上原


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


 試合直前のピッチ、気温は38.9度。猛暑の京都で行われた全国社会人サッカー選手権関西大会1回戦は、前半から着実に得点を重ねました。

 17分、宇都木が直接フリーキックをゴール右隅にたたき込んで先制。31分には大北のパスを受けた堀野、41分にはペナルティエリア内のルーズボールを拾った加藤がゴールに流し込み、3対0で折り返します。

 後半もわずか30秒で堀野がミドルシュートを決めると、6分には左サイド、奥津の折り返しを髙橋が左足できっちり5点目。その3分後には加藤のパスをペナルティエリア内で受けた中西が振り向きざまに放ったシュートがネットを揺らします。終了間際の39分には中西が自身の獲得したPKを決め、このまま7対0で勝利しました。

 灼熱の京都でもいつもと変わらず、力強い応援をくださったサポーターの皆様、そして運営してくださった皆様、ありがとうございました。全社切符をかけた代表決定戦は8月7日㊐14時から、淡路島・アスパ五色で行われます。


後半からの出場で2得点の中西倫也選手

「前半だけで3点取ってくれていたので、かなりリラックスして試合に入れました。みんなも『今日は点取って』と言ってくれていたので、いつもよりゴールを意識していたのが得点につながったんだと思います。まだ来週の試合に勝たないと全社の出場権を得られないので、熱さに負けず、しっかりと準備したいと思います。暑い中、応援ありがとうございました!」


久々の先発フル出場、ペク・ミョンチョル選手

「久しぶりの出場で緊張しながらの入りになりましたが、サポーターの声援が後押ししてくれ、自分のリズムをつくることができたと思います。点差がついた試合にはなりましたが、個人としてもチームとしても細かいミスがでたところもあったので、来週の代表決定戦ではより質を高めて圧勝できるようにしたいです。ダイレクトパスからの崩しやクロスからの得点など、いろんなところから点を取れるアルテリーヴォの強みをこのリーグ中断期間にもっと高めていきます!」


後半から出場し1アシストの奥津大和選手

「猛暑の中、応援に駆け付けてくれたサポーターの皆様、ありがとうございました。久しぶりの公式戦楽しむ事ができました。出場機会が中々来なくて悔しい時期が続いていますが、日ごろの練習から集中して試合を意識しながら取り組めているので、緊張することなく試合に臨めました。今年のアルテリーヴォは、試合に出ている人はもちろんですが、特に出れていない人達がモチベーションを落とす事なく、高い意識で練習から取り組めています。これが今のアルテリーヴォの勝因に繋がってと思います。全てのタイトルを取って、JFL昇格を果たすためにこの時期が本当に大切になってくるので、1日1日を大切にし、もっと団結力を深めていきたいと思います」