2022年 新年にあたって

新年あけましておめでとうございます。

新しい年の幕開けをいかがお過ごしでしょうか。


コロナ禍の影響で社会、経済活動の制限が厳しい中、アルテリーヴォ和歌山を応援、ご支援いただき、心から御礼申し上げます。


2021年は創設15周年の節目の年でした。次第に調子は上向いていましたが、大変悔しい戦績に終わりました。

ウィズコロナの生活も2年を過ぎました。正しく恐れて必要な感染対策を講じれば、オリンピック、バラリンピックも開催できるようです。以前と同じ生活には戻れないのは確かですから、いかに発想、行動を新しいものに変えられるかが、生き残りの鍵になります。


新監督のもと、選手の意気も新たです。チームとしては、そのあり方、運営方針など、この時に合った形を推進していかなくてはなりません。応援、ご支援の形も変わっていくでしょうが、どうぞ今年も熱いハートはそのままで、引き続き地域に根ざしたアルテリーヴォ和歌山の活動をもり立てていただきますようお願いいたします。


特定非営利活動法人和歌山からJリーグチームをつくる会

理事長 板倉登志子