関西リーグ第5週(vs 飛鳥FC)の結果

更新日:6月7日

アルテリーヴォ 1-2 飛鳥FC

    (前半 1-0)

    (後半 0-2)


〇得点

前半35分 久保


〇失点

後半20分

後半32分


◯警告

前半6分 小久保


◯交代

後半30分 加藤→堀野

後半35分 久保→中西


◯スタメン

GK 1吉崎

DF 3大橋 23小久保 27山田

MF 6松尾 7大北 8加藤 10髙瀨 18竜田 19関

FW 9久保


◯サブ

GK 31磯部

DF 4奥津

MF 5山中 15髙橋 26堀野

FW 14中西 27北島


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


 関西リーグ第5週の相手は、昨年2敗の飛鳥FC。リベンジを果たすべく、前線から積極的にプレッシャーをかけます。前半30分過ぎには大北のスルーパスに抜け出した久保が倒されて、PKを獲得。キッカー久保は、一度は相手GKに防がれるも、こぼれたところを落ち着いて押し込んで先制します。

 後半もアルテリーヴォペースで試合を進めますが、20分にオウンゴールで追いつかれると、32分にはコーナーキックからの混戦で押し込まれて逆転を許します。同点、そして逆転を目指し、堀野、中西と攻撃のカードを切りますが、反撃及ばず、痛い敗戦となりました。

 この結果、前節の3位から6位に転落。前期終了時点で5位に入っていなければ、全国社会人サッカー選手権関西大会に出場できません。前期の残り2試合、連勝で締めくくり、リーグ戦後期、そして全社関西大会へいい流れでつなげていきたいと思います。

 雨降る橋本での熱い応援、ありがとうございました。


今期、初先発、初フル出場の大北啓介主将

「悔しいです。自分たちでイメージしている試合をできていたという風に感じているし、全員がハードワークしていたと思います。しかし、こういう試合で勝ち点を取れないということが、今の順位に繋がっていると思います。気持ちの部分なのか、細かい戦術なのか、プレーの質なのか、改善するところはいろいろあると思いますが、ブレずに修正しやり続けるしかないです。これ以上勝ち点を落とせないし、一戦一戦の重みを感じながら、相手より強い意志をもって残り試合に臨みたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」


豊富な運動量で右サイドを支えた大橋優正選手

「チームとして守備も全員が集中して、先制し、いい形で前半はを折り返せたことはすごく良かったと思います。やはり、いい時間帯にもう1点取れるか、悪い時間帯に耐えられるどうかが本当にこのチームは大事で、勝ちきれない原因でもあると思います。自分たちのサッカーは試合を重ねるごとに良くはなってきています。日々の練習からもっと厳しくやれば必ず結果に繋がると思うので、下を向かずに次のリーグ戦に向けて練習に取り組みたいと思います! 引き続き、熱い声援よろしくお願いします!」


リーグ戦初先発、ドリブルで果敢に攻めた竜田柊士選手

「前半、相手にボールを持たれる時間が少し多かったですが、しっかり守るところは守れていて、(久保)賢悟くんがPKをもらい、1点リードで終わることができました。が、後半、いい形でボールを持つことができたけれど得点を奪えず、相手に流れを持って行かれてしまいました。次の試合では流れがある時に決め切れるように、日々の練習からこだわって行きたいと思います! 引き継ぎ、応援よろしくお願いします!」