関西リーグ第3週(vs AS.Laranja Kyoto)の結果

更新日:5月19日

アルテリーヴォ 2-1 AS.Laranja Kyoto

    (前半 0-1)

    (後半 2-0)


◯得点

後半19分 久保

後半38分 久保(アシスト髙瀨)


◯失点

前半40分


◯警告

後半23分 小久保


◯交代

後半20分 髙橋→門司

後半42分 久保→山中


◯スタメン

GK 1吉崎

DF 2ペク 3大橋 23小久保

MF 6松尾 8加藤 10髙瀨 15髙橋 20田口 22宇都木

FW 9久保


◯サブ

GK 1桑水流

DF 4奥津 11門司 25山田

MF 5山中 7大北 19関


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


 1ヵ月ぶりのリーグ戦。立ち上がりから相手ペースで試合が進みながら、GK吉崎のファインセーブでしのいできたが、前半40分にコーナーキックから失点。1点ビハインドで折り返します。同点ゴールは後半19分。裏に抜け出した加藤を相手GKが倒し、獲得したPKを久保が確実に決めます。さらに38分、前線へ送られたボール、攻め上がっていた髙瀨がゴールラインギリギリで折り返し、バーに当たったこぼれ球を再び久保が押し込んで逆転! 相手の反撃を振り切り、このまま逃げ切りました。

 来週5月21日(土)は天皇杯1回戦。会場はきょうと同じく紀三井寺公園陸上競技場です。相手は予選でJFLの2チームを破った大阪府代表の関西大学です。和歌山代表の誇りを胸に、勝利を目指して走り抜きます! セレッソ大阪への挑戦権をつかむため、ぜひ共に戦いましょう!


同点、逆転の2ゴール、久保賢悟選手

「応援ありがとうございました!  本当に勝てて良かったです!  全員でハードワークしたことが勝利に繋がったと思います!  試合中も応援が聞こえていたし、良いプレーがあった時の拍手や歓声が僕達を勢い付けてくれました!!  これからも応援よろしくお願いします!!」


決定的場面で好セーブを披露し、試合を通じて安定した守備を見せた吉崎弘宣選手

「ホーム開幕戦で、逆転勝利できたことが素直に嬉しいです! 前半はチーム全体としてシュートまで行く事ができずにペースが掴めてないところで、コーナーキックからの失点。後半は全体の動きが噛み合ってきてシュートに行く回数も増えて自分達のやりたいサッカーができたと思います! 試合全体を通して戦う姿勢、チームの一体感が体現できて良かったです。逆転した時には、考えるより先に体が動いて歓喜の輪に飛び込みました! まだまだリーグ戦、天皇杯と続いていくので、応援宜しくお願いします!」


豊富な運動量で逆転ゴールにつながるプレーも光った髙瀨龍舞選手

「迫緑のある応援ありがとうございました! お気付きの方もいるかと思いますが、ゴールが決まった時の全員でのセレブレーション! 『一体感を出すために、みんなで喜びましょう!』とウツ(25歳、独身)が言い出したので、みんなで得点者の元へ駆け寄るようにしました! もっともっと喜べるように、今後も攻撃陣には期待したいと思います!」