関西リーグ1部第13週の結果

更新日:9月14日

アルテリーヴォ 1─2 ポルベニル飛鳥

    (前半 0─1)

    (後半 1─1)


〈得点〉

後半37分 大北(アシスト奥津)


〈失点〉

前半30分

後半33分


〈交代〉

後半12分 堀野→中西

後半26分 久保→大北

後半43分 髙橋俊樹→門司


〈警告〉

前半29分 堀野

後半13分 髙瀨

〈スタメン〉

GK 桑水流

DF 白、奥津、宇都木、髙橋寛太、大倉

MF 加藤、髙瀨、髙橋俊樹、堀野

FW 久保


〈サブ〉

GK 早川

DF 大橋、篠原

MF 松尾、大北

FW 門司、中西

痛い敗戦となりました。逆転優勝へ向け、負けられないプレッシャーからか、立ち上がりからどこかかみあわず、流れを変えられないまま前半30分に先制を許します。後半は建て直したものの、給水タイム直後にカウンターから失点。直後、左サイド、奥津のクロスに飛び込んだ大北が1点を返しますが、あと1点が遠く…。あすの試合結果次第で、おこしやす京都の優勝が決まる状況となりましたが、下を向かず、この敗戦をさらなる成長につなげたいと思います。



途中出場し、魂込もったプレーで1点を返した大北啓介選手

「悔しい敗戦となりました。無観客試合となり、リモートで応援してくださった皆さんありがとうございます。前半から思うようにパスを回せず、良い形が作れませんでした。少し引いてブロックを組む相手への攻め方に工夫が足りなかったように思います。得点のところはクロスボールに対しての人数を増やそうと話していたので、そこはよかったかなと思います。リーグ最終戦が残っているので、しっかりと気持ちを切り替えて次節に備えます。応援ありがとうございました!」



90分間、声を出し続けた髙橋寛太選手

「リモートでの応援ありがとうございました。前期負けた相手、優勝に望みを繋ぐためにも負けれない試合。〝不甲斐ない〟、その一言です。自分の対処の悪さで要らないピンチを招き、チームの流れを作れず、先制点を許してしまいました。それが全てだと思います。相手は守備の堅いチームで、逆転するためには前掛かりに成るしかなく、そんな中、カウンターで失点。最悪の試合展開でした。それでも試合はまたやってきます。自分自身見つめ直し、また1週間準備します」



豊富な運動量でチームを支えた加藤健人選手

「リモートでの応援ありがとうございました。結果を真摯に受け止めて、最後の試合を良い形で締めくくれるようにしたいと思います」