top of page

⚽和歌山県サッカー選手権決勝(vs 和歌山紀北蹴球団)の結果

更新日:5月13日



アルテリーヴォ 9─0 和歌山紀北蹴球団

    (前半 3─0)

    (後半 6─0)


○得点

前半7分 北野(アシスト山瀬)

前半21分 谷口(アシスト佐藤陽太)

前半38分 北野

後半12分 北野

後半14分 谷口

後半18分 福島

後半41分 新田(アシスト福島)

後半44分 福島

後半48分 青垣


〇交代

ハーフタイム 佐藤陽太→新田

ハーフタイム 和田→二木

後半13分 赤澤→中山

後半27分 山瀬→柴田

後半38分 北野→青垣


○警告

前半17分 和田


〇スタメン

GK 41佐藤由維斗

DF 2赤澤 3小久保 4山田 32井上

MF 14谷口 18佐藤陽太 20山瀬

FW 9和田 10北野 17福島


〇サブ

GK 31磯部

DF  5二木 19河野 22唐澤 23中山

MF 6柴田 16青垣

FW 11新田 24阿部


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


 天皇杯和歌山県予選を兼ねた和歌山県サッカー選手権。決勝はゴールラッシュとなりました。

 口火を切ったのは今季、絶好調の北野。前半7分、右サイド、山瀬の低いクロスにゴール前でわずかにさわってゴールに流し込みます。21分にはコーナーキックが一度クリアされた後、右サイドの佐藤陽太が再びゴール前へ。飛び込んだ谷口が頭で合わせて2点目。38分には和田のシュートが弾かれたところを北野が押し込んで、前半は3対0で終了。

 後半12分には福島のシュートのこぼれ球を今度も北野が見逃さず、ハットトリック達成。その2分後には相手クリアボールを谷口がペナルティエリア外から決めます。さらに4分後、山瀬のセンタリングを相手GKが処理しきれず、福島が詰めて6点目。

 試合終了間際にも3点を奪います。41分には左コーナーキックに新田が右足で合わせ、44分には福島がゴールライン際の角度のないところから冷静に左脚で決めます。最後は途中出場の青垣がドリブル突破から相手守備陣の動きを冷静に見ながら放ったシュートがネットを揺らしました。

 これで16年連続で天皇杯切符を獲得。1回戦は同じ紀三井寺公園陸上競技場で2週間後、新潟県代表のJAPANサッカーカレッジと対戦します。4年ぶりの初戦突破へ、〝ONE WAKAYAMA〟で闘いましょう! 今日もアツい応援、ありがとうございました!


2ゴールを挙げた谷口祐亮選手

「ファン、サポーターの皆様、応援ありがとうございました! 多くのゴールをサポーターの方々にお見せできたこと、共に喜び合えたことをとても嬉しく思います。リーグ戦と天皇杯が並行しますが、全試合全力で戦い勝ちにいきます。引き続きアツい応援よろしくお願いします!!」


2ゴール1アシストの福島裕済選手

「まずはたくさんの応援ありがとうございました! 圧倒的な差で優勝できてよかったです。たくさん得点が入ったので観ている方も楽しい試合だったかなと思います。試合前から結果と内容にこだわってというところはチームとしてあったので、まだまだ甘いところもありましたが、良い試合ができました。個人的にまだ公式戦で得点が取れていなくて、得点も意識していたので、結果的に2点取れたことはよかったです。また次のリーグ戦に向けて勝つためにいい準備をしていくので、応援よろしくお願いします!」


リーヴォ初出場から10分で初ゴールを決めた青垣翔選手

「チームとして16年連続の天皇杯和歌山県代表になれてよかったです。個人としてはアルテリーヴォでの初の公式戦をゴールという形で結果を出せてよかったです。リーグ戦、天皇杯などこれからの一戦一戦にまた良い準備をしていきたいと思います! アルテリーヴォ和歌山に熱い応援をよろしくお願いします!」



Comentários


bottom of page