天皇杯和歌山県予選準決勝の結果

最終更新: 4月19日

和歌山県サッカー選手権(天皇杯和歌山県予選)準決勝


アルテリーヴォ 3─1 海南FC

    (前半 1─0)

    (後半 2─1)


〈得点〉

前半19分 久保(アシスト佐々木)

後半3分 青山

後半44分 宇都木(アシスト青山)


〈失点〉

後半7分


〈交代〉

ハーフタイム 久保→門司

ハーフタイム 堀野→青山

後半12分 加藤→髙瀨

後半27分 松尾→北野

〈スタメン〉

GK 早川

DF 白、吉谷、宇都木、髙橋寛太

MF 山中、松尾、加藤、堀野

FW 久保、佐々木


〈サブ〉

GK 磯部

DF 篠原、北野

MF 髙瀨、髙橋俊樹、青山

FW 門司、中西

13年連続での天皇杯出場へ、和歌山県予選が始まりました。初戦となる準決勝、先制点は前半19分です。右サイドを抜け出した佐々木のクロスがゴール前の久保へ。相手ゴールキーパーの動きをしっかり見ながらゴール右隅へ流し込みました。後半立ち上がりには途中出場したばかりの青山がミドルシュートを決めて追加点。すぐさま海南の鮮やかなミドルシュートで1点差にされましたが、試合終了間際に宇都木がペナルティエリアの外から突き放すゴールを決め、3─1で勝利を収めました。決勝戦は2週間後、今年も全員で全国切符をつかみ取りたいと思います!


後半から出場し、すぐにミドルシュートを決めたMF⑳青山凌大選手

「難しい時間帯が続いたんですけど、自分のゴールが勝ちに貢献できたのが良かったです。今後も貪欲にゴールを狙っていきたいと思います」

試合終了間際、勝利を決定づけるゴールを決めたDF㉒宇都木峻選手 「引かれた相手に対して苦労したところはありましたが、得点を取れて勝てたことは良かったです!! ただ攻から守の切り替えが遅かったり、球際の部分で勝てない場面もあったので、このベースの部分は普段の練習から意識高く鍛えていこうと思います。 決勝もしっかり勝てるように準備します!!」

公式戦初出場となった岩出市出身のGK㊶早川侑冶選手

「守りに徹してくる相手や、悪天候に悩まされましたが、なんとか勝利し、決勝に駒を進めることができて良かったです。個人的には無失点で抑えたかったのですが、デビュー戦を勝利で飾ることができ嬉しいです。課題も見つかったので、改善し、次に向けて頑張っていきたいと思います」