トップチーム選手 新型コロナウイルス感染症 陽性判定のお知らせ



このたび、トップチーム選手2名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確認されましたことをお知らせいたします。


当該選手Aは、始動日の1月18日朝、体温36.1 度。症状なし。チーム活動に参加後、午後から勤務する職場内において新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確認され濃厚接触者であるとの連絡を受けました。同日PCR検査を受検し、その夜、陽性判定が確認された旨、クラブは当該選手より報告を受けました。


管轄保健所によりますと、トップチーム関係者には濃厚接触者に該当する者はおりませんでしたが、1月19日は全てのチーム活動を休止しました。

念のため、選手・関係者はPCR検査または抗原定性検査を受検し、同日に全員の陰性判定が確認されました。


当該選手Bは、前夜の検査において陰性判定を受け1月20日朝、体温36.7 度。症状なし。チーム活動に参加後の夕刻に倦怠感を訴えたためPCR検査を受検し、同日陽性判定が確認されました。


前出のとおりチーム活動において濃厚接触者に該当する者はおりませんでしたが、選手Bの陽性判定後から4日間(1月21日~1月24日)トップチームは自宅待機とし慎重に体調管理を行いました。

本日朝、トップチーム選手・スタッフは抗原定性検査を受検し全員の陰性判定を確認した上でチーム活動を再開いたしました。


現在、当該選手Aは無症状、Bは回復し、2名は適切な指導、対策のもとで療養をしております。

また、当該者の行動履歴から、クラブ事業スタッフ、アカデミースタッフとの接触は確認されておりません。


本件を受けて、選手雇用先の企業・団体の皆様とは連携を取り、ご理解を得て、活動休止に合わせて有休取得または勤務免除のご協力を頂きました。

皆さまには、ご心配をおかけしましたことを心よりお詫びするとともに、ご理解、ご協力をいただいていることに深く感謝をいたします。

引き続き細心の注意をはらい、新型コロナウイルス感染症対策をより強化し、関係者一同に再度感染症防止策の周知徹底を図ってまいります。