【北口 雄一監督 退任のお知らせ】

いつもアルテリーヴォ和歌山への温かいご支援・ご声援を誠にありがとうございます。


この度、北口 雄一監督が退任することになりましたのでお知らせいたします。


北口監督には2020シーズンより監督に就任していただき、コロナ禍で活動が難しい中、チームを和歌山県勢初の天皇杯4回戦まで導いてくださいました。

そして、今シーズンも関西サッカーリーグ Division1 2位の好成績を残されました。


2022シーズンに向けて双方協議を重ねた結果、退任が決まりました。

アルテリーヴォ和歌山は、北口監督がサッカーを通じて「スポーツを通じて人々の心を動かし 和歌山に『夢・感動・活力』を提供し続ける」というクラブ理念を体現してくださったその功績に心から感謝と御礼を申し上げます。


以下、ファン・サポーター、パートナーの皆様へ、北口監督からのメッセージです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------


今シーズンでアルテリーヴォ和歌山を去ることになりました。

故郷のクラブで監督をする機会をいただき、挑戦を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。

一緒に戦ってきた仲間たちと離れるのはとても辛いですが、まだまだ人生は続きますし、次に彼らと関わる機会を楽しみに自分の道を進んでいこうと思います。

コロナ禍での監督業となりましたが、多くの方から和歌山愛とご支援をいただき、魂を燃やせた2年間でした。

スポンサーの皆様からは、和歌山活性化への溢れる情熱を。

サポーターの皆様が掲げてくださる横断幕とアルゼンチン国旗からは、試合に挑む勇気を。

友人が試合後に送ってくれるメッセージからは、いつも力強い励ましをもらいました。

だからこそ、目標であったJFL昇格を果たせなかったことは非常に悔しく、申し訳なく思います。しかし、アルテリーヴォ和歌山に関わる皆様と出会い、より深く和歌山を好きになれたことは何にも代え難い喜びです。

選手・スタッフ、皆様と挑んだこの2年間を、一生心に刻みます。

本当にありがとうございました。


-------------------------------------------------------------------------------------------------


なお、北口監督は11月上旬までトレーニングに参加し、11月20日(土)『湊組 presents アルテリーヴォ和歌山ファン感謝デー2021』にも参加予定です。


【北口 雄一(きたぐち ゆういち)監督 プロフィール】

○生年月日 1988年1月2日


○出身 和歌山県有田市


○資格

JFA公認B級ライセンス

アルゼンチンサッカー協会B級コーチ


○選手歴

1994〜2000 箕島ベルカーノ

2001〜2002 箕島中学校サッカー部

2002〜2003 ミラグロッソ海南

2003〜2006 海南高校

2006〜2010 京都外国語大学サッカー部


○指導歴

2010〜2011 京都外国語大学サッカー部コーチ

2011〜2018 京都外国語大学サッカー部監督

2016〜2018 関西学生選抜コーチ


〇アルテリーヴォ和歌山監督在任中の成績

[2020シーズン]

関西サッカーリーグ Division1:6位(※2勝2分3敗)

※新型コロナウイルスの影響により、総当たり1回戦7試合のみ開催。

和歌山県サッカー選手権大会:優勝

天皇杯:4回戦進出

[2021シーズン]

関西サッカーリーグ Division1:2位(10勝1分3敗)

和歌山県サッカー選手権大会:優勝

天皇杯:1回戦進出