「ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山」ってなあに? 〜①「ダイバーシティ」って何?

968c9f451d208ae53fdb5ee2139639b1
b70d0e3020f4117c0c115d6fe9b3b1ed

3月18日(日)に和歌山ビッグホエールで開く「ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山」。様々な企画を詰め込んだイベントですので、何回かに分けて紹介していきたいと思います。初回のきょうは、「そもそも『ダイバーシティ』って何?」。
.
ダイバーシティ(Diversity)とは「多様な」という意味です。今回、このフェスティバルを開くにあたり、2つのイベントがきっかけになりました。
.
1つは、全国で行われている「ダイバーシティフットサルカップ」です。在日外国人、障害者、ホームレス、薬物依存症患者など、多様な背景を持つ人に、スポーツを通して交流する機会をと開かれています。多様化な方が集まり、一つのボールを追いかけることで、そこに人と人とのつながり・絆が芽生えてくるーーー。そんな思いからのイベントです。
.
もう1つは、沖縄で開かれた「ダイモンカップ」です。ママさんフットサル大会、国際通りでのサッカーのほか、社会問題について話し合ったり、買い物を楽しんだり、様々なパフォーマンスを見たりーーー。
.
この2つを参考に、サッカーを中心としたフェスティバルをと考えたのが、「ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山」です。
.
開催に向けて、実行委員会を結成しました。紀州夢祭り実行委員会、チーム紀伊水道、明治安田生命相互会社、山本産業株式会社、有限会社サポートワークわかやま、和歌山県障害者スポーツ協会、Banana FM、chou!chou!market、セットスター和歌山の皆様にご協力いただき、準備を進めております。
.
チームスポーツをしてきた自分たちだからこそ、いろいろな人の意見を聞きながら、みんなでこのイベントを作り上げていく。その過程で新たな自分たちのネットワークを広げていくことも重要だと考えています。
.
和歌山でサッカーを続けている自分たちだからこそ、このダイバーシティサッカーフェスティバルの中心として携わっていきたいと思っています。
.
そんなフェスティバルの中身を次回から紹介していきます。