全社1回戦〜監督&選手のコメント紹介します!

みちのく岩手できょう開幕した全国社会人サッカー選手権。1回戦は、試合開始早々に白方のPKで先制し、一度は追いつかれ延長にもつれたものの、高瀬が直接FKを決め、接戦を制しました。

試合後の監督、そして選手のコメントを紹介いたします。

〇坂元要介監督

「今日のゲームはセットプレーからの得点で、今までになかった形で勝つことができました。勝つことがこの試合の目標でしたので、それが達成できて良かったです。少ない人数でも、今は誰が出ても大丈夫な状態。手を抜いていては何も得られないと思うので、2回戦も頑張ります。明日のゲームでは流れの中でも点が取れるように修正できればと思っています。コバルトーレ女川という良いチームに勝てたことを自信に戦いたいです」

〇先制のPKを決めたMF白方淳也
「今日の試合は先制してから追いつかれ、苦しい試合でしたがなんとか勝つことが出来、嬉しく思います。明日の試合も苦しい試合になると思いますが遠い和歌山から応援してくれてる人のためにも、チーム全員で闘いたいと思います」

〇決勝ゴールとなる直接FKを決めたMF高瀬龍舞

「今日行われた1回戦は2対1で勝つことができました。僕自身、和歌山に来て初めてのFKでの得点となりました。あの場面でファールをもらい、僕に蹴らせてくれた事を感謝しています。そして、ベンチからの鼓舞をする声や、岩手まで来てくださったサポーター、和歌山にいるサポーターや選手に何よりも感謝する試合となりました。まだ、試合は続きますが、目の前の試合を死に物狂いで勝ちにいきます。和歌山で成長した姿を見せられるように岩手でしっかり頑張ります!」

〇延長を含む100分間、豊富な運動量でチームを引っ張ったDF鈴木翼
「今日は難しい試合の中、延長戦の末に1回戦突破することが出来ました。全国の舞台での初の勝利を自信にして、2回戦以降も頑張っていきます」

 

20151017スタメン20151017_白方PK20151017_高瀬FKゴール後