全社決勝〜監督&選手のコメント紹介します!

皆さん、おはようございます。

全国社会人サッカー選手権決勝戦から一晩経ちました。まだ優勝の興奮が冷めない方も多いと思いますが、決勝戦、そして大会を振り返る監督、選手たちのコメントを紹介します。

〇坂元要介監督

「まず、この大会の運営に関わって頂いた関係者、スタッフの皆さんありがとうございました。この大会には16名の選手で参加させてもらったのですが、怪我なく無事に大会を終えることができたのも、最高のピッチコンディションでゲームをさせていただいたおかげだと思います。

本日のゲームですが、同じ関西リーグに所属する阪南大クラブということもあり、接戦になることは予測していました。最後はPK戦で勝利できましたが、地域決勝大会に向けてまだまだ改善しなければ勝ち抜くことは難しいと感じています。
この大会で他地域のクラブと試合した経験を今後に活かせるよう和歌山に帰り選手とともに精進します。様々なサポート、応援ありがとうございました。次の大会もよろしくお願い致します!」

〇キャプテン芝﨑純平
「この度、岩手県開催の全国社会人大会を優勝することができました。1試合1試合が感動を呼ぶような好ゲームで、そんな中でサッカーができ、さらに優勝を勝ち取ることができて、とても嬉しく思います。それもこれも、アルテリーヴォ和歌山に関わる選手、スタッフ、フロント、サポーター、全ての人が一つの思いを胸に闘えた結果だとおもいます。まだ地域決勝大会が控えていますが、この勢いのまま、上のカテゴリーに進めるようにチーム一丸頑張ります。この全国社会人大会でアルテリーヴォ和歌山を知っていただいた方にも愛されるようなチームになります。これからも応援よろしくお願いします」

〇今大会5ゴールの白方淳也
「この5連戦を優勝という最高の形で終われたことがすごく嬉しいです。今大会ではみんなの気持ちを1つにチーム全員で闘えたことが本当に良かったです。個人としても複数得点出来たことで自信にもなりましたし、ここから先の地域決勝でも結果を出したいと思います。まずはこの喜びをチームを応援してくれている全ての方と共有したいです! これから先も引き続き熱い応援を宜しくお願いします!」

〇決勝戦のPKで相手の4人目を止めたGK吉田泰順

「今日は優勝を決める試合に出場することができ、さらに優勝を決めることができて本当に嬉しいです。ここまでチームを支えてくれた人々に多大なる感謝をしています。また、チームメイトに今までに無いほどの感謝です。今大会の優勝は決して僕たちだけの力ではなく、応援して頂いている全ての人々と共に勝ち取ったものだとチーム一同心より感謝しております。僕自身、あまりチームに貢献するようなプレーを出来ずに今シーズンここまで来ましたが、最後の最後で少しは貢献することが出来たかなと思います。PK戦も一つストップすることができて感激しています。最後と書いてしまいましたが、ここからが本当の勝負だと思います。今大会の結果を糧として地域決勝を勝ち抜いて行きます! これからも応援お願い致します」